晩酌前、生誕祝賀小説の最終確認やろうとした時、いきなり胸部痛。
ギューっと。ギリギリっと。
きたね、きたコレ。お久しぶりですね。

心臓神経症め。


気質的な異状は負荷造影CTでまったく視られなかったんで、心臓神経症確定と自分で決めてる。
つか、事実。
平たくいうと『すっげー痛えけど気のせい』。
こうなるとニトロなんぞ無意味。
だって異状ねえんだもん。

んでもガチで痛え。いやほんと。
ニトロも無駄なら、じゃあどうやって治めるのか?

冷たいものを飲む。


いや、マジで。ほんとマジで。
たまたま気づいただけなんだが、本当に治まる。しかも即効性。
冷たいものが食道を通ると、その刺激で神経がそっちに向くんじゃね? と勝手に解釈。

かなり前のことだが、痛みが出て、こりゃまた参ったなとか思いつつ、手元にあった氷入りのコーラだかをひと口飲んだんですよ。
そしたらさ、あらびっくり、痛み軽くなったじゃない?
「まっさかーw」ってコーラ少しずつ飲んだらマジで治まったのだ。
昨日は冷たい麦茶グラス1杯で治まった。安いし手軽。
ただし、俺の場合は器質的異状がないことが裏付けされてるのと、心筋梗塞なら左に来るはずの顎の痛みが右に出るんで『チッ、来やがったな』と判る訳で、もし左側が痛んだら躊躇せずに119をコール。
死ぬよマジで。ERのベッドが空いてるとか妄想せずに。
救急車は比較的早く来るが、問題なのは搬送先の確保だ。それが出来ない限り、救急車は1cmも動かん。
急患はベッドの奪い合いと心得よ。
まぁ、10分前は満床だったのが今は受け入れおkとか、普通にあるけどな。
理由は察しろ。

とにかくまあ、痛かったわ。この痛みは久しぶりレベルだった。
ちょっとマジで動くの無理ぽ的な。でも麦茶とりに流しまで行ったぞ。
狭心症だったら這ってでもニトロ取りに行くだろ。おんなじ。

ひとつだけ気になるのは、俺には『また症状が出るんじゃないか?』って不安がこれっぽっちもないことだ。造影CT以前までは少しビビってたが、以降は「あ、神経症ね」と認識して「全然命に別状ねえし」と忘却している。
それでも突発的に出るんだから困りものだ。

引き金はストレスや過労など。
1度出ると「また出るんじゃないか」って不安がつきまとい、それがトリガーになって繰り返す……らしいんだが。
俺は最初に出たの、作家になって3年目くらいだった気がする。書いてた作品覚えてる。
無理なんか何もしてなかったと思うけど、何かあったんかね?
いくら考えても心当たりねえんだが。
今さら原因探っても意味ねえけどさ。

『冷たい飲み物ショック療法』はエビデンス皆無だから、真に受けて「胸キリキリ痛え、麦茶飲む」つっても無意味な可能性大、素直に医者行け。
ただし、胸、背中、左肩や顎などに左側に偏った痛み(関連痛)があって冷たい汗が噴き出したら、ほぼ心筋梗塞だから、しつこいようだが119。
他の病人にベッド取られる前にな。

いやー、しかしかなり痛かったんで、さすがにまだ感覚残ってるわ。
ヤなもんだな、勘違いでも心臓の痛みってのは。あれはリアルに心筋梗塞疑うよ。
ほんと、心臓握られ…………
う、パンクハザード思い出した。ヴェルゴのツラ思い出すと発作出そうだ。

ちなみに心筋には痛覚神経がない。じゃあ何故心筋梗塞や狭心症で痛みを感じるのかつうと、血管の表面に痛覚神経があるからだ。
これは脳も同じ。
まめちしきな。



猛烈にダルくてほぼ寝たきり。
しかも時々、左脇腹の奥がピクピク痙攣する。
カリウムだ畜生、圧倒的に足りてねえ。
バナナ食った。これと錠剤でつなぐしかない現状。
冗談抜きでヘタすると心臓停まりかねんのでヤバイ。
こっちの方が梗塞より怖いな。血管性の異状じゃねえから痛くねえだろこれ。
「朝、嫁が起きたら俺が死後硬直してるってヤバイよな」とか、普通に考える。
そうなる前に解決しなくちゃあな。



同情するなら押してくれ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ